行政書士 室本法務事務所 - 国内/国際相続 遺言
RSS ファンになる

最新記事

外国文書の認証
二重国籍者の証明書類について
遺贈の意図を明確にする
限定承認と財産分離
「特別縁故者制度」と「共有の弾力性」について

カテゴリー

会社設立
国際相続
戸籍
相続
英文契約書
行政書士事務所
遺言

アーカイブ

11月 2018
2月 2017
10月 2014
9月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013

検索エンジンの供給元:

【行政書士のお役立ちブログ】

外国文書の認証

外国に遺産がある場合の国際相続手続きにおいて、海外の遺産管理人から日本在住の相続人に、署名すべき書類が送られてくる。日本国内の相続とは違い、印鑑とその登録証明書による真正性の担保という方法は通用しない。ほぼ100%署名の認証が必要になる。

要は、その相続人本人が確かに署名したということについて他者がお墨付きを与える必要がある。そして、大抵の場合、誰もがこのお墨付き(認証)を与えることができるわけではなく、一定の資格を有する者が行わなければならない。(どのような資格を持つ者がこれを行い得るかは、提出する国や機関によって異なるため都度確認が必要。)そして、ほとんどの国において「公証人」による認証が認められているので、公証役場において公証人の面前で署名することにより、認証を付けてもらうことができる。

ただし、当然その署名すべき書面は外国語で作成されているため、公証人がその最低限の内容を確認できるようでなくてはならない。英語を読むことができる公証人は多いので、英語はそれほど問題にならないかもしれない。しかし、英語以外の外国語の場合は訳文を提示するか概要を口頭で説明できなければならないだろう。(当事務所では英語の場合も念のため大まかな訳文を提示するが。)

このような「外国文書の認証」は、日本語の認証文に加えて英語の認証文も付けてくれる。ただ、外国における公証の方法と日本のそれとは多少スタイルが違うものなので、提出先や公証人との微調整・相談が必要にもなる。

このように、認証自体は考え方としては単純なものではるが、その手続きには意外と綿密な準備が必要になるので、該当する外国語の分かる行政書士に相談することで結果として経済的な場合もある。


外国文書の認証に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment