行政書士 室本法務事務所 - 国内/国際相続 遺言
RSS ファンになる

最新記事

外国文書の認証
二重国籍者の証明書類について
遺贈の意図を明確にする
限定承認と財産分離
「特別縁故者制度」と「共有の弾力性」について

カテゴリー

会社設立
国際相続
戸籍
相続
英文契約書
行政書士事務所
遺言

アーカイブ

11月 2018
2月 2017
10月 2014
9月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013

検索エンジンの供給元:

【行政書士のお役立ちブログ】

「特別縁故者制度」と「共有の弾力性」について

民法958条の3には「特別縁故者に対する相続財産の分与」という規定があって、こうある。
 
 
 「①前条の場合(相続人不存在の場合)において、相当と認めるときは、家庭裁判所は、被相
 
  続人と生計を同じくしていた者、被相続人の療養看護に努めた者その他被相続人と特別の
 
  縁故があった者の請求によって、これらの者に清算後残存すべき相続財産の全部又は一部
 
  を与えることができる。」
 
 
要するに、相続人がいない事が確定した場合、内縁の妻とか事実上の養子とか世話になった
 
老人ホームなどが請求すれば、家庭裁判所が判断して、それらの者に財産を与えることができ
 
るという規定だ。ちなみに、遺言もなく、上記のような者もいなければ、財産は国庫へ帰属する。
 
 
この規定と、民法255条の「持分の放棄及び共有者の死亡」という規定が衝突するという議論が
 
なされてきた。255条はこうだ。
 
 
  「共有者の一人が、その持分を放棄したとき、又は死亡して相続人がないときは、その持分
 
   は、他の共有者に帰属する。」
 
 
いわゆる、「共有の弾力性(ゴムまり論)」というものらしい。
 
つまり例えて言うなら、一つの箱の中に3つの軟らかいゴムボールが入っていて、一つのボール
 
が割れてなくなると、他の2つのボールがその弾力性で、割れてなくなったボールがあった空間
 
を均等に埋める、という状態だ。
 
 
無主物(誰の持ち物でもない物)を無くそうとするのが近代民法の重要なスタンスだ。255条は、
 
このスタンスを貫くための便宜的規定である、というのが最高裁判所の立場であり、私もこの
 
立場に賛成する。
 
 
しかし、昭和37年の民法改正で958条の3が加えられた後、相続人がいなくても、特別縁故者が
 
いる場合には、どちらの規定を優先させるべきか。
 
 
沿革的に、法務省は255条優先すべしとし、最高裁は958条の3が優先するという判断をして
 
いる。やはり、「弾力性」などという比喩は説得的ではないと思う。それよりも立法趣旨を考える
 
べきだ。
 
 
加えて、255条の"弾力性"によって他人の物が自分の物になる、という概念と、特別なつながりの
 
あった者が、相続という大きな制度の根底にある精神に基づいて、言い換えるなら、人と人の
 
個人的な繋がりを大切にしている規定に基づいて財産を引き継ぐ、という概念と、どちらがより
 
活きた法律のスタンスだろうか。後
 
 
者であることは明白だ。
 
 
 
 
 

「特別縁故者制度」と「共有の弾力性」についてに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment