行政書士 室本法務事務所 - 国内/国際相続 遺言
RSS ファンになる

最新記事

外国文書の認証
二重国籍者の証明書類について
遺贈の意図を明確にする
限定承認と財産分離
「特別縁故者制度」と「共有の弾力性」について

カテゴリー

会社設立
国際相続
戸籍
相続
英文契約書
行政書士事務所
遺言

アーカイブ

11月 2018
2月 2017
10月 2014
9月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013

検索エンジンの供給元:

【行政書士のお役立ちブログ】

種々の戸籍の特徴

相続手続きに必ず必要になるのが被相続人(亡くなった人)の出生から死亡までの戸籍類です。
 
戸籍は時代の変遷によって形式や管理の仕方が変わってきました。以下が現在手に入る戸籍の種類です。
 
 
 明治19年式
 
 それまでの壬申戸籍で「屋敷番」として記されていた本籍が、「地番」でしるされるようになり、転  
 籍や除籍の制度が初めて導入されました。
 
 明治31年式
 
 明治31 年の民法改正で「家制度」が導入されるようになり、狭い範囲の家族が一つの「家」とし 
 て「戸主」によって統率されるようになりました。現在とは違い、同じ戸籍に戸主(現在の「筆頭
 者」)の祖父母や甥・姪などもふくまれていました。
 
 大正4年式
 
 それまでは、個人ごとの情報を詳細に記した「身分登記簿」が戸籍と共に管理されていました
 が、煩雑な管理方法だったためこれが廃止され、戸籍の各人の欄に詳細情報が記されるよう
 になりました。この大正4年の戸籍法の改正で、戸籍の管理事務は戸籍役場から市町村役場
 へ移されました。
 
 昭和23年式
 
 昭和22年の民法改正で、それまで100年以上続いた「家制度」は廃止され、戸籍の記載範囲は
 核家族のみとなり、「戸主」という呼び名も「筆頭者」に変わりました。
 
 平成6年式
 
 現在、現戸籍として入手できる最新の様式です。戸籍事務がコンピュータで管理されるようにな
 り、役場の窓口で請求すると、担当者がパソコンを操作してプリンターからプリントアウトしてく
 れます。呼称も「全部事項証明書」(戸籍謄本)、「個人事項証明書」(戸籍抄本)となりました。
 
 
以上のように、バラエティに富んだ種類の戸籍があるということです。古いものは読み解くのも一苦労かもしれません。戸籍収集や解読も行政書士に気軽にご相談下さい。

種々の戸籍の特徴に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment