行政書士 室本法務事務所 - 国内/国際相続 遺言
RSS ファンになる

最新記事

外国文書の認証
二重国籍者の証明書類について
遺贈の意図を明確にする
限定承認と財産分離
「特別縁故者制度」と「共有の弾力性」について

カテゴリー

会社設立
国際相続
戸籍
相続
英文契約書
行政書士事務所
遺言

アーカイブ

11月 2018
2月 2017
10月 2014
9月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013

検索エンジンの供給元:

【行政書士のお役立ちブログ】

「泣く子も黙る」 公正証書遺言

 自筆証書遺言を作る場合、費用はほとんどかかりません。紙とペン、それから封筒を用意すればよいのです。もちろん、行政書士等の専門家に内容の起案を依頼すればその報酬は支払わなければなりませんが、自筆証書遺言は基本的に費用ゼロで(または比較的安価で)作成できるのです。そこが最大のメリットでしょう。
 
 対して、公正証書遺言にはそれなりに費用が掛かります。まず、公証役場へ支払う公証人手数料があります。それから、証人を行政書士等に頼めば2人で2万円前後(遺言作成を依頼している行政書士に頼む場合は、証人としての報酬がすでに含まれている場合が多い)。もちろん遺言内容の起案や必要書類の収集、公証人との事前打ち合わせを行政書士等に依頼すればその報酬(報酬額は事務所によってまちまち)も支払います。戸籍、固定資産税評価証明書、不動産登記簿の写しを取得するための手数料も必要です。
 
 特に、公証人への手数料の算定が気になるところです。これは、遺言に含める財産の価額の大小、また相続させる人の数によって変わりますから、当HPの「遺言書の基礎知識」をご覧ください。
 
 このように、公正証書遺言にはそれなりの費用が必要となります。「遺言は書きたいけれど、公正証書はお金がかかるから自筆がいい」とおっしゃる方も実際多いと言えます。もちろん自筆証書遺言もきちんと書けば問題はないでしょう。しかし、相続発生後の手続きのスムーズさを公正証書遺言と比べると、天と地との差があります。遺言の内容に納得がいかない相続人も、遺言が公正証書なら「ゴネる」余地は皆無となるのです。まさに「泣く子も黙る」公正証書遺言というわけです。
 
 公正証書遺言・自筆証書遺言のご相談はお気軽に。

「泣く子も黙る」 公正証書遺言に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment