行政書士 室本法務事務所 - 国内/国際相続 遺言
RSS ファンになる

最新記事

外国文書の認証
二重国籍者の証明書類について
遺贈の意図を明確にする
限定承認と財産分離
「特別縁故者制度」と「共有の弾力性」について

カテゴリー

会社設立
国際相続
戸籍
相続
英文契約書
行政書士事務所
遺言

アーカイブ

11月 2018
2月 2017
10月 2014
9月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013

検索エンジンの供給元:

【行政書士のお役立ちブログ】

お墓などの権利の承継

お墓も相続財産に含まれるのでしょうか。いいえ、含まれません。民法第897条には、
 
「系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定に関わらず、習慣に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。」
 
とあります。つまり、民法896条(相続の一般的効力)を適用しないということなので、相続が発生した時から分割するまでの間の相続人全員による共有という状態もなければ、遺産分割の対象にもならないということです。
 
上記の897条からすると、家系図、仏壇・神棚、お墓といったものが祭祀財産にあたるようです。大抵の場合は「習慣」に従って長男が引き継ぐというようなことになるようです。もちろん、同条但し書きにあるように、遺言によって指定することもできますから、別に次男でも長女でも良いのです。
 
ちなみに、897条2項で「前項本文の場合において習慣が明らかでないときは、同項の権利を承継すべき者は、家庭裁判所が定める。」ということになっています。
 
 

お墓などの権利の承継に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment