行政書士 室本法務事務所 - 国内/国際相続 遺言
RSS ファンになる

最新記事

外国文書の認証
二重国籍者の証明書類について
遺贈の意図を明確にする
限定承認と財産分離
「特別縁故者制度」と「共有の弾力性」について

カテゴリー

会社設立
国際相続
戸籍
相続
英文契約書
行政書士事務所
遺言

アーカイブ

11月 2018
2月 2017
10月 2014
9月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013

検索エンジンの供給元:

【行政書士のお役立ちブログ】

遺言の撤回について

一度遺言を書いた後でも、その内容を撤回することができるでしょうか?民法1022条には「遺言者は、いつでも、遺言の方式に従って、その遺言の全部又は一部を撤回することができる」と規定されていますから、遺言は撤回できるのです。
 
前述の条文にもあるように、遺言を撤回できるのは「遺言者」です。その代理人等が遺言の撤回をすることはできません。
 
また、「遺言の方式に従って・・・撤回することができる」ので、単なるメモ書き、内容証明郵便、音声・映像記録などで撤回することはできません。公正証書で作成した遺言であっても、自筆証書遺言で撤回することはできます。自筆証書遺言もれっきとした「遺言の方式」だからです。もちろん、この場合にも自筆証書遺言の作成はそれが無効とならないよう、細心の注意が必要となります。
 
後の遺言の中に「以前(平成○○年○月○日作成)の遺言は撤回する」という文言をいれておけば一番わかりやすい撤回ですが、そうでなくても、以前の遺言を明らかに否定するような内容となっていれば撤回されることになります。
 
法定の撤回事由(民法1023条、1024条)の他に、内容の抵触する遺言を残すことでも以前の遺言を撤回できます。以前の遺言の内容の一部と、新しい遺言の内容の一部のみが抵触する場合は、その抵触する部分のみ撤回されることになり、そうでない部分は有効ということになります。
 
相続が始まって、遺言書を見つけたら、はたして撤回する内容の新しい遺言が存在しないか探してみることをお薦めします。
 

遺言の撤回についてに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment