行政書士 室本法務事務所 - 国内/国際相続 遺言
RSS ファンになる

最新記事

外国文書の認証
二重国籍者の証明書類について
遺贈の意図を明確にする
限定承認と財産分離
「特別縁故者制度」と「共有の弾力性」について

カテゴリー

会社設立
国際相続
戸籍
相続
英文契約書
行政書士事務所
遺言

アーカイブ

11月 2018
2月 2017
10月 2014
9月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013

検索エンジンの供給元:

【行政書士のお役立ちブログ】

遺言書の保管について

遺言書の保管が重要な問題となるのは、自筆証書遺言や秘密証書遺言の場合でしょう。というのは、公正証書遺言は原本が公証役場で保管され、紛失の恐れがないからです。公正証書遺言の正本と謄本は遺言者に交付されますが、相続手続きに必要となる正本を紛失したとしても公証役場で再交付してもらえるのです。
 
では、自筆証書遺言はどのように保管すべきでしょうか?公的な手続きを踏まずに作成することのできるものですから、あまりにも無造作に保管しておくと相続人の一人に発見され開封・改ざんされる恐れもあります。だからと言って、誰も見つけることのできない所に保管しても、結局見つけてもらえず、遺言の内容を実現してもらえません。
 
それで、遺言で遺言執行者を指定している場合はその人物に保管してもらうこともできます。ただ、遺言執行者が相続人の一人である場合、その人物による改ざんや隠匿、その他の相続人に疑念を抱かせる恐れもあります。弁護士や行政書士といった第三者の専門家に保管を依頼して中立性を保ったとしても、遺言者が死亡した場合にその事実をすぐに知ることはできないかもしれません。第三者に預ける場合は、その第三者に定期的に連絡を入れてもらい、生存を確認してもらうなど何らかの工夫が必要になるでしょう。
 
 

遺言書の保管についてに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment