行政書士 室本法務事務所 - 国内/国際相続 遺言
RSS ファンになる

最新記事

外国文書の認証
二重国籍者の証明書類について
遺贈の意図を明確にする
限定承認と財産分離
「特別縁故者制度」と「共有の弾力性」について

カテゴリー

会社設立
国際相続
戸籍
相続
英文契約書
行政書士事務所
遺言

アーカイブ

11月 2018
2月 2017
10月 2014
9月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013

検索エンジンの供給元:

【行政書士のお役立ちブログ】

相続放棄について

相続が開始(被相続人が死亡)すると、相続人は財産を相続するかしないか決めることができます。相続財産には負債も含まれますから、もしもプラスの財産よりも負債の方が多いなら相続を放棄したいと思うことでしょう。
 
相続放棄の手続きは、相続が発生したことを知ったときから3ヶ月以内です。亡くなった方の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に「相続放棄の申述」を提出します。「相続放棄の申述書」は、裁判所のホームページでダウンロードしたり、家庭裁判所で直接もらうことができます。
 
相続放棄すると、プラスの財産もマイナスの財産も相続しないということに確定します。借金の返済を被らなくてもよくなり、マイナス財産が多い場合は一安心です。しかし、相続放棄をした後に、実は莫大なプラスの財産があったということが判明しても、悲しいかな、これを相続することはもはやできません。
 
相続を承認するにしても、放棄するにしても、綿密な財産調査は不可欠ですので行政書士等の専門家にご相談下さい。

相続放棄についてに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment