行政書士 室本法務事務所 - 国内/国際相続 遺言
RSS ファンになる

最新記事

外国文書の認証
二重国籍者の証明書類について
遺贈の意図を明確にする
限定承認と財産分離
「特別縁故者制度」と「共有の弾力性」について

カテゴリー

会社設立
国際相続
戸籍
相続
英文契約書
行政書士事務所
遺言

アーカイブ

11月 2018
2月 2017
10月 2014
9月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013

検索エンジンの供給元:

【行政書士のお役立ちブログ】

相続債務は任意に分割できるか

相続財産にはプラスの財産だけではなくマイナスの財産、つまり負債も含まれます。ですから、(限定承認という複雑な手続きを踏まない限り)亡くなった親のプラスの財産を相続したいのならその借金も負わなければなりません。
 
では、相続人が複数いる場合、この相続債務はどのように分担するのでしょうか?
 
例えば、相続財産が5000万円で相続債務が1000万円だったとします。相続人は子ども3人です。プラスの財産の分割協議を行って:子どもA→2500万円、子どもB→2000万円、子どもC→500万円 というわけ方で決着したとします。法定相続分とは違うわけ方ですね。
 
それで公平の観点から、相続債務もその割合で按分して:子どもA→500万円、子どもB→400万円、子どもC→100万円 という風に分けたくなるところです。これは有効でしょうか?
 
相続人であるA,B,Cの間においては有効な取り決めとなります。しかし、この1000万円の債権者(お金を返して欲しい人)にとっては関係ありません。3人でどのような取り決めをしたかに関係なく、それぞれの法定相続分に応じた額をそれぞれに請求できるのです。1000万円を法定相続分でわけた金額(1000万円/3)をそれぞれに請求できることになります。
 
これは、債権者の知らないところで債務を履行する能力のない者が債務者になってしまってその債権が保全できなくなる危険を防ぐためと言われています。ただし、債権者の承諾があれば、先ほどの分担方法も債権者に対抗できるようになります。

相続債務は任意に分割できるかに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment