行政書士 室本法務事務所 - 国内/国際相続 遺言
RSS ファンになる

最新記事

外国文書の認証
二重国籍者の証明書類について
遺贈の意図を明確にする
限定承認と財産分離
「特別縁故者制度」と「共有の弾力性」について

カテゴリー

会社設立
国際相続
戸籍
相続
英文契約書
行政書士事務所
遺言

アーカイブ

11月 2018
2月 2017
10月 2014
9月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013

検索エンジンの供給元:

【行政書士のお役立ちブログ】

代襲相続について

ある人が亡くなり相続が発生すると、遺言で指定がない限り法定相続人が財産を相続します。どのように分割するかは、法定相続分を考えながら話し合い、遺産分割協議書を作ります。
 
もし、被相続人(亡くなった人)が亡くなった時点でその子どもの一人がすでに亡くなっている場合で、その子の子(つまり被相続人の孫)がいる場合、その孫が代わりに相続する権利を持ちます。これを 「代襲相続」 といいます。
 
相続人が故人の孫やひ孫でのように下の世代(直系卑属)ならばこの代襲相続は無制限に認められます。すなわち、子が亡くなっている→孫、孫も亡くなっている→ひ孫、、、という具合です。
 
代襲相続が起こり得る別の場合は、被相続人の配偶者はすでに亡くなっており、子もおらず、両親も他界していて、相続人が兄弟姉妹になるケースです。この場合の兄弟姉妹もすでに亡くなっていて、その子(つまり被相続人にとっての甥・姪)がいるなら、この甥や姪が代襲相続します。
 
直系卑属(子、孫、ひ孫以下)の代襲相続との違いは、無制限ではないということ。この甥・姪も亡くなっているなら、その子どもへの代襲相続はありません。あまりにも遠い親族が相続人とならないようにするためです。
 
自分が思いもよらずに代襲相続することになる場合、プラスの財産なら問題ないのですが、それが負債のようなマイナスの財産であることもよく分からずに相続を単純承認しないよう、注意が必要です。相続財産の内容を確認することや、何より、普段から親族とコミュニケーションをとっておくことが大切ですね。
 

代襲相続についてに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment