行政書士 室本法務事務所 - 国内/国際相続 遺言
RSS ファンになる

最新記事

外国文書の認証
二重国籍者の証明書類について
遺贈の意図を明確にする
限定承認と財産分離
「特別縁故者制度」と「共有の弾力性」について

カテゴリー

会社設立
国際相続
戸籍
相続
英文契約書
行政書士事務所
遺言

アーカイブ

11月 2018
2月 2017
10月 2014
9月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013

検索エンジンの供給元:

【行政書士のお役立ちブログ】

保険法について

遺言により生命保険の受取人を変更できるかどうか、以前は明文の規定はありませんでした。しかし、平成22年4月1日施行の保険法では原則同日以降に締結された保険契約については遺言による受取人変更も認められるようになりました。
 
ただし、遺言による受取人の変更があった旨を相続人が保険会社に通知しなければ、この変更を保険会社に対抗できません。
 
新たな受取人が相続人でない場合、それを良く思わない(可能性の高い)相続人がそのような通知を保険会社にしてくれるでしょうか?
 
遺言執行者を指名し、その者が通知できるようにしておくなどの対策も考えられますが、どうも実務上難しそうな印象を拭えません。

保険法についてに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment