行政書士 室本法務事務所 - 国内/国際相続 遺言
RSS ファンになる

最新記事

外国文書の認証
二重国籍者の証明書類について
遺贈の意図を明確にする
限定承認と財産分離
「特別縁故者制度」と「共有の弾力性」について

カテゴリー

会社設立
国際相続
戸籍
相続
英文契約書
行政書士事務所
遺言

アーカイブ

11月 2018
2月 2017
10月 2014
9月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013

検索エンジンの供給元:

【行政書士のお役立ちブログ】

相続に関わる隣接専門家

普通の人は一生のうちにそう何度も関わるわけではない相続手続き。専門家に依頼したいと思う場合でも、一体どの法律職に依頼すべきなのでしょうか?弁護士、税理士、司法書士、行政書士、社会保険労務士、といういわゆる「士業」と呼ばれる人たちは、それぞれどのように相続に関わるのでしょうか?事情により異なります。
 
相続人間で争いがあれば、弁護士だけが交渉に介入できます。
 
相続財産に土地・建物といった不動産があれば、その名義変更の代理を業として行えるのは司法書士だけです。
 
相続税が発生するケースで、これに関わる相談や申告をしてくれるのは税理士。
 
社会保険や年金の手続きは社会保険労務士にお願いします。
 
私たち行政書士はというと、遺産の分け方について特に争いがない場合や話し合いがまとまっている場合に遺産分割協議書作成し、相続人確定のための戸籍を収集し、財産目録を作り、相続人関係図を作成したりします。また、本当に煩雑な金融機関の相続手続きも、委任を受けて行います。概して、弁護士さんより報酬が手ごろで敷居の低い行政書士のほうが、相談・依頼がし易いかもしれません。
 
他の隣接専門家が必要となる場合でも、スムーズに手続きが完了できるよう行政書士が窓口になり依頼人の精神的負担が最小限で済むようにサポート致します。
 
お困りのことがあればまずは「身近な街の法律家」行政書士にご相談下さい。
 
 
 

相続に関わる隣接専門家に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment