行政書士 室本法務事務所 - 国内/国際相続 遺言
法律翻訳はお任せ下さい。法律家でもある翻訳家が、複雑な内容の法律文書を正確に翻訳します。全国からお問い合わせ承ります。
 
   法律文書翻訳サービス
 
 
 ビジネスが国際化している中で、外国企業との取引のツールとして
 
の英文契約書は昨今必須になっています。取引先の外国企業がドラ
 
フト(作成)した契約書にあまり目を通さず署名してしまうことに
 
は大きなリスクが伴います。「契約書」というものに対する見方が
 
日本人と欧米人とでは全く違うため、契約書は一応形として作って
 
おいて記載していないことは「誠心誠意話せばわかる」という考え
 
は通用しません。契約書に書かれていることが全てだからです。英
 
語・日本語のみならず、両言語の法律用語に精通した「英語翻訳対
 
応行政書士」にお任せ下さい。
 
 
 入国管理局への提出書類の中に外国の文書がある場合、日本語に
 
訳す必要があります。当事務所なら、入管の申請手続と一括で処理
 
することができます。また、申請自体はご自分でという場合でも
 
翻訳のお手伝いをいたしますので、まずはご相談下さい。無料でお
 
見積もり致します。
 
 
 
英文契約書
 
 
      ≪英文契約書の翻訳を専門家に依頼する理由≫
 
 
  外国企業との取引が一般化している中で、英文契約書を正確に理解することは
 
  まさに生命線になっていると言っても過言ではありません。自社に英語の堪能な
 
  担当者がいれば問題ないようにも思えますが、以下の課題を考慮する必要があり
 
  ます。
 
 
    1. 法律英語では、一般的な英語より厳密な訳出が求められる
 
      例えば、接続詞の "and" について考えてみましょう。順接の接続詞として
 
       「および」、「ならびに」 の意味に訳されるでしょう。どちらも同じ意味に
 
       思えるかもしれませんが、これらは厳密に使い分けられています。
 
 
        「小さい接続に『および』を、大きい接続に『ならびに』を使う」
 
    
       これがルールです。
 
        
        例: ABC shall ship its products including D, E and F, G and H.
 
        訳: ABC社は自社の製品D、EおよびF、GならびにHを含む製品を
 
           出荷しなければならない。
 
      
        例文の"E and F" というのは「EとF」という一つのグループです。
 
                  「EとF」のセットでもってようやくその他D、G、Hと対等の関係になれ
 
                  るのです。それで、"E and F" はこの中では小さい接続ということに
 
                  なりますので「および」をあてます。逆に、"...G and H" の "and" は
 
                  より大きな接続ですから 「ならびに」となります。ちなみに、より小さな
 
                  グループがない場合は「および」を用いるようにします。
 
 
        これは "and" の例ですが、"or" の訳し方にも注意が必要です。
 
        「または」 と 「もしくは」 はどう使い分けるのか、知っていなければ
 
                  なりませんし、より長く複雑な文になってくると見分けるのは至難の
 
                  業となってきます。法律家でもある翻訳者にご依頼下さい。
 
 
    2.  ラテン語・フランス語等の馴染みの無い用語が頻繁に使われる
 
        
        以下に代表的なものを列挙します。
 
 
          ・force majeure = 不可抗力
 
        ・bona fide = 善意で、真実の
 
        ・mutatis mutandis = 必要な修正を施して
 
        ・pro rate = 割合に応じて
 
        ・in lieu of = ~の代わりに
 
        ・per annum = 1年につき
 
 
        英文契約書に数多く接している法律翻訳家であれば、これらに代表され
 
                  る馴染み無い用語も適格に理解し、訳出いたします。
 
 
    3.  訳文の意味・意図を法律家の観点から説明
 
 
        翻訳は依頼者が訳文を読んで十分理解することで全うされます。単に
 
                 文字を変換する作業ではなく、そこにある考えを別の言語で表現
 
                 するということです。日本語として完璧な訳文、「法的に」どういう意味を
 
        持つのかよく理解している法律翻訳家が、その意味をきちんと説明致し
 
                 ます。
 
 
遺言・相続、法律翻訳・英文事務のことならリーガルミッション国際行政書士事務所にお問い合わせ
 
遺言・相続、英文事務の事ならリーガルミッション国際行政書士事務所へ
                      お問い合わせ下さい!
       
                  リーガルミッション国際行政書士事務所
 
             〒257-0003 神奈川県秦野市南矢名4‐13‐11 101号
             電話/FAX 046-368-7141
             Email muromoto-legal-affairs@jcom.home.ne.jp
 
外国人手続、法律翻訳のことならリーガルミッション国際行政書士事務所へ